メール設定

事前にご用意いただくもの

メールアドレス・パスワード
( お客さまご自身で取得されたもの )

お使いになるメールソフトをお選びください。

※メールソフトのバージョンによって、内容が異なる場合がございます。
※Windows8 のお客様はWindows Live メールをインストールいただくようお願いいたします。

設定の手順

STEP.1

ソフトウェアを起動(Outlook Express)

「 Outlook Express 6.0 」 を起動します。

※ Outlook Express を初めて起動した際に、[Outlook Express は通常使用するメールクライアントとして選択されていません。]というメッセージが表示される場合には、[はい]をクリックし、「STEP 3」からお進みください。

STEP.2

インターネット接続ウィザードへ遷移

「 ツール 」-「 アカウント 」を選択。

「 インターネットアカウント 」画面が表示されます。
「 メール 」のタブを開き、右上の「 追加 」をクリックして、その中の「 メール 」を選択します。

STEP.3

インターネット接続ウィザード

「 インターネット接続ウィザード 」画面が表示されます。「 表示名 」は任意の名前を入力し、「 次へ 」をクリックします。

※ここで入力した名前は、メールを送信した際に「送信者名」として相手に通知されます。

「 電子メールアドレス 」にメールアドレスを入力し、「 次へ 」をクリックします。

アカウントの種類 POP3を選択
受信メールサーバー mail.drive-net.jp
送信メールサーバー mail.drive-net.jp

「 インターネット メール ログオン 」の各項目を入力し、「 次へ 」をクリックします。

アカウント名 メールアドレスの@も含めて入力
パスワード メールパスワードを入力
パスワードを保存する パスワードを保存する場合はチェックする

「 完了 」をクリックします。

STEP.4

アカウントのプロパティを編集

作成したアカウントを選択し、「プロパティ」をクリックします。

「サーバー」タブをクリックします。「このサーバーは認証が必要」にチェックします。「設定」をクリックします。

「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選択し、「OK」をクリックします。

「接続」タブをクリックします。「このアカウントには次の接続を使用する」は、下記の表を参照し、お客さまの接続方法に合わせて設定します。

フレッツ接続ツールで接続
windows XPで広帯域(PPPoE)接続
ダイヤルアップ接続
モバイル接続
[電話回線を利用する]を選択し、[モデム]のプルダウンメニューからご利用の接続名を選択
上記以外の接続 [ローカルエリアネットワーク(LAN)を使用する]を選択

「詳細設定」をクリックします。下記を参照し各項目を設定します。
「適用」-「適用」をクリックします。

送信サーバー(SMTP) 587と入力
サーバーにメッセージのコピーを置く お客様のご利用にあわせてチェックする
サーバーから削除する お客様のご利用にあわせてチェックする
[削除済みアイテム]から削除されたら、サーバーから削除 お客様のご利用にあわせてチェックする

STEP.5

完了

「インターネットアカウント」の画面に戻りましたら、「閉じる」をクリックし、設定完了。

STEP.1

ソフトウェアを起動(Microsoft Outlook 2010)

「Microsoft Outlook 2010」を起動します。

STEP.2

スタートアップ

はじめて Microsoft Outlook 2010 を起動した場合には、スタートアップ画面が表示されます。[次へ]をクリックします。

STEP.3

アカウントの設定

[アカウントの設定]画面が表示されます。[はい]を選択し、[次へ]をクリックします。

[新しいアカウントの追加]画面が表示されます。 [自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)]を選択し、[次へ]をクリックします。

[サービスの選択]画面が表示されます。[インターネット電子メール]を選択し、[次へ]をクリックします。

[インターネット電子メール設定]画面が表示されます。下記の表を参照し、[ユーザー情報]を入力します。

名前 任意の名前を入力
ここで入力した名前は、メールを送信した際に[送信者名]として相手のかたに通知されます。
電子メールアドレス メールアドレスを入力

[下記の表を参照し、[サーバー情報]を入力します。

アカウントの種類 POP3を選択
受信メールサーバー mail.drive-net.jp
送信メールサーバー mail.drive-net.jp

下記の表を参照し、[メールサーバーへのログオン情報]を入力します。画面右下の[詳細設定]をクリックします。

アカウント名 メールアドレスの@も含めて入力
パスワード メールパスワードを入力
パスワードを保存する パスワードを保存する場合はチェックする

STEP.4

インターネット電子メール設定

[インターネット電子メール設定]画面が表示されます。[メールアカウント]に任意の名前を入力します。

[送信サーバー]をクリックします。[送信サーバー(SMTP)は認証が必要]をチェックし、[受信メールサーバーと同じ設定を使用する]を選択します。

[接続]をクリックします。[電子メールに使用する接続の種類を選択します。]は、下記の表を参照し、お客さまの接続方法に合わせて設定します。

フレッツ接続ツールで接続
windows XPで広帯域(PPPoE)接続
ダイヤルアップ接続
モバイル接続
[電話回線を利用する]を選択し、[モデム]のプルダウンメニューからご利用の接続名を選択
上記以外の接続 [ローカルエリアネットワーク(LAN)を使用する]を選択

[詳細設定]をクリックします。下記の表を参照し、各項目を設定します。[OK]をクリックします。

送信サーバー(SMTP) 587と入力
サーバーにメッセージのコピーを置く お客様のご利用にあわせてチェックする
サーバーから削除する お客様のご利用にあわせてチェックする
[削除済みアイテム]から削除されたら、サーバーから削除 お客様のご利用にあわせてチェックする

[インターネット電子メール設定]画面に戻ります。[次へ]をクリックします。

STEP.5

テストアカウント設定

[テストアカウント設定]画面が表示され、設定したアカウント宛にテストメールが送信されます。問題なく送信された場合は[状況]に[完了]と表示されるので、[閉じる]をクリックします。

STEP.6

完了

[アカウントの変更]画面が表示されます。[完了]をクリックし、設定完了です。

STEP.1

Windows Live メール

「Windows Live メール」を起動します。

STEP.2

アカウント設定へ遷移

[ホーム]画面が表示されます。[アカウント]欄を選択し、[電子メール]をクリックします。

STEP.3

アカウントの設定

[Windows Live メール]画面が表示されます。下記の表を参照し、各項目を入力します。[次へ]をクリックします。

電子メールアドレス メールアドレスを入力
パスワード メールパスワードを入力
表示名 任意の名前を入力
ここで入力した名前は、メールを送信した際に[送信者名]として相手のかたに通知されます。
手動でサーバー設定を構築する チェックしない

[サーバー設定を構成]画面が表示されます。各項目を入力し、[次へ]をクリックします。

[電子メールアカウントが追加されました]画面が表示されます。[完了]をクリックします。

STEP.4

プロパティの確認

メールアドレスを右クリックし、プロパティを選択します。

[プロパティ]画面が表示されます。下記の表を参照し、各項目が正しく入力されているか確認します。

メールアカウント 任意の名前を入力
名前 任意の名前を入力
ここで入力した名前は、メールを送信した際に[送信者名]として相手のかたに通知されます。
電子メールアドレス メールアドレスを入力

[サーバー]をクリックします。下記の表を参照し、各項目が正しく入力されているか確認します。
[設定]をクリックします。

アカウント名 メールアドレスの@も含めて入力
パスワード メールパスワードを入力
パスワードを保存する パスワードを保存する場合はチェックする
クリア認証を使用してログオンする 選択する
このサーバーは認証は必要 チェックする

[送信メールサーバー]画面が表示されます。[受信メールサーバーと同じ設定を使用する]が選択されていることを確認します。[OK]をクリックします。

[詳細設定]をクリックします。各項目が正しく入力されていることを確認します。
[適用]-[OK]をクリックし、設定確認完了です。

その他のサポート

Driveに相談する

万全なサポート体制でお客様のご要望にお応えします。入会手続きに関する事や、その他ご質問などお気軽にご相談ください。

お申し込み・お問い合わせ

03-5981-8103

受付時間9:00~21:00(年末年始を除く)
※火曜のみ9:00〜18:00

お申し込みお問い合わせ
PAGE TOP